きむおばです。関東在住の40代の主婦です。 ファイナンシャルプランナーとしてライターをやったり、サイトを作ったり…基本ひきこもりでお仕事をしています。
お金のこと・趣味のこと…何でも気ままに書く雑記ブログです。
目標は、ライター・サイト制作・広告他の収入バランスを整えること。ブログ収入UPに今年は力を入れます。

Menu

シェア1割以下のIE8と9への対応コードをばっさり削除

スポンサーリンク

自作したテーマに、IE8とIE9に対応するためのコードを書いていたのですが、IE8,9のシェアを確認して削除することにしました。

IE9以下に対応することは必要なのか

 

自作したWordPressテーマは、HTML5とCSS3を使って作成しています。
使っているブラウザーがIE9以下の場合、HTML5追加された新しい要素を使っている部分が無視されてしまい、表示が大きく崩れる原因になります。

今日までIE8と9対応のために、「html5shiv」「respond.js」の2つのファイルを読み込んでいたのですが、IE8、9のシェアを確認してみて、止めることにしました。

2016年4月のIE8と9のシェアは2%以下

StartCounterで、先月のブラウザーのシェアを確認してみることにしました。

ブラウザーは、Chromeがシェア世界一!シェアの半分に迫る勢いです。
それに対して、IE8と9は、データの数値が低すぎて、その他にまとめられてしまいました・・・

2016年4月の世界のブラウザーシェア

 

そうはいっても、日本人は、WindowsとInternetExplorerが大好きですよね。オフィスでは今でも深ーく根付いています。

さっきのブラウザーシェアグラフを日本に絞ってみることにしましょう。

2016年4月のブラウザーシェア

想像していたより、IE9以下を使っている日本人は少ないようですよ。IE9で1.06%、IE8だとわずか0.6%のシェアでした。合計しても2%にもなりません。

ここまでIE11への乗り換えができているなら、余分なコードは1行でも減らすことに決め、「html5shiv」「respond.js」の呼び出し部分をばっさり削除してしまいました。

GoogleCodeの終了に対応していない人は要注意

IE8と9に対応するためのhtml5shivの読み込みを、Google Codeにしたままの人も多いのではないでしょうか。

こんなカンジで。

<!--[if lt IE 9]>
<script src="//html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js">
</script>
<![endif]-->

Google Codeは、1月25日にサービスが終了しています。そのままにしていると、エラーが発生しているはず。

html5shivをダウンロードして自分のサーバーから読み込むか、または、ほかのCDNから読み込むように修正しておくのをお忘れなく。

稼ぐ 

スポンサーリンク

この記事と一緒によく読まれています!