主婦の働き方・稼ぎ方・生き方 

Python+Django GCPプロジェクトを作成する手順

python3 Djyango 超初心者の備忘録
記事がお役に立てたらシェアお願いします♪

ローカルで作成しているPython+DjangoのプロジェクトをGCP(Google Cloud Platform)でクラウドで実行できるようにしていきます。

今回は、GCPで新しくプロジェクトを作成していく手順を備忘録として記録していきます。

GCPプロジェクト作成手順

  1. Google Cloud Platformへログイン
  2. 新規プロジェクト作成
  3. App Engineメニューをクリックして移動
  4. SDKをダウンロードしてインストール
  5. ターミナルでSDKパッケージを展開してからインストール

Google Cloud Platformへログイン

>>>https://console.cloud.google.com/home/dashboard

新規プロジェクト作成

上のメニューバーから、プロジェクト名が選択できるドロップダウンボックスを選択し、新規プロジェクトを選びます。

GCP (Google Cloud Platform) ダッシュボード画面

「新しいプロジェクト」作成をクリックし、新規プロジェクトを作成していきます。

GCP 新規プロジェクト作成

App Engineメニューをクリックして移動

新しく作成したプロジェクトで、左のメニューから「App Engine」を選択します。

GCP App Engine

SDKをダウンロードしてインストール

App Engneに移動すると、「アプリケーションを作成」というボタンが目立つのですが、これは使いません。右下に小さく書かれた「SDKをダウンロード」というリンクをクリックします。

「クイックスタートを見る」ボタンをクリックすると、左側にOS別のクイックスタートメニュがあるので、macOS用を選びます。

SDKファイルのパッケージをダウンロードしましょう。

ターミナルでSDKパッケージを展開してからインストール

SDKパッケージファイルをダウンロードしたら、ここからはまたターミナルアプリで操作していきます。

$ cd ~
$ mkdir gcp
$ /Users/ユーザー名/Downloads/google-cloud-sdk-280.0.0-darwin-x86_64.tar.gz /Users/ユーザー名/gcp
$ cd gcp
$ ls
$ tar xvf google-cloud-sdk-280.0.0-darwin-x86_64.tar.gz
$ ./google-cloud-sdk/install.sh
$ cat /Users/ユーザー名/.bash_profile
$ gcloud init

コマンド解説

ユーザーフォルダーに移動し、gcpフォルダを作成します。
そこに、ダウンロードしておいたSDKファイルを移動させます。
正しく移動されているかを確認後、gcpフォルダ内に移動したSDKパッケージを展開します。

展開されたgoogle-cloud-sdkフォルダ内のinstall.shを実行してSDKをインストールしていきます。

追加された内容を確認していきます。bash_profileで「No such file or directory」と表示されてしまうなら、一度ターミナルを閉じて再起動してみましょう。

「gcloud init」コマンドでSDK を初期化します。
途中で、Googleにログインする必要がありブラウザーへ移動します。ログインしてから、「許可」をしてください。

また、SDKをどのプロジェクトで使用するのか番号で聞かれるので、作成しておいたプロジェクトの番号を入力しましょう。

これで、Python+Djangoを使ってローカルで開発したプロジェクトをクラウド上で公開できる場所をGCPに作成できました。

今後は、ローカルで実際にDjangoでサイトを作成していき、GCPにデプロイ(本番環境へ反映)できるようにしていきます。

python3 Djyango 超初心者の備忘録
Twitterで最新情報をお知らせ
記事がお役に立てたらシェアお願いします♪

読者登録お待ちしてます

今さらながらブログ村に参加しました。アラフィフ・40代・派遣社員・主婦・シンプルライフなど趣味の近い方と繋がりたいのが目的です。

読者登録しておくと、同じジャンルのブログの新規投稿を見逃さずに読めます。


きむおばブログ - にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へにほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ