きむおばです。関東在住の40代の主婦です。 ファイナンシャルプランナーとしてライターをやったり、サイトを作ったり…基本ひきこもりでお仕事をしています。
お金のこと・趣味のこと…何でも気ままに書く雑記ブログです。
目標は、ライター・サイト制作・広告他の収入バランスを整えること。ブログ収入UPに今年は力を入れます。

Menu

iPhoneSEが5000円値下げ!今こそ格安SIMへ乗り換え時じゃない?

スポンサーリンク

新機種のiPhoneXとiPhone8が発売されますね。ママなら、高機能すぎて高すぎるiPhoneより、新商品発表と同時に行われる既存機種の値下げ情報の方が気になるのではないでしょうか。今回も、すでに発売されていたiPhoneSE/iPhone7/iPhone6sは全て値下げされました。SIMフリーiPhoneを購入して格安SIMへ乗り換える絶好のタイミングですよ!

iPhoneSEは5000円値下げで39800円になり、下取りで実質32800円に!

機種(32GB) 旧価格 新価格 値下げ幅
iPhoneSE 44,800円 39,800円 5,000円
iPhone7 72,800円 61,800円 11,000円
iPhone6S 61,800円 50,800円 11,000円

旧iPhoneは5,000円から11,000円値下げされ、かなりお手頃感を感じる価格になりました。特に、ママや子ども用のiPhoneにちょうどいいiPhoneSE(64GB)は、39,800円と4万円を切る魅力的な価格に。

今まで「SIMフリーiPhoneは高い」からと、ずるずるとドコモ・au・ソフトバンクといった大手3社を使い続けていた人なら、脱出する絶好のチャンスが到来したんですよ!

いくら値下げといっても、「一括で支払うのは無理!」という場合は、分割手数料無料で12回払いがAppleストアでできますし、古いiPhoneを下取りに出すことでさらに実質価格を下げることもできます。

Appleストアの下取りは箱も付属品も必要なし!評価額減額もなし!

私がAppleストアでiPhoneSEを購入した時は、ソフトバンクのiPhone5とiPhone5Sを下取りに出してみました。iPhone5の方は中古で購入したもので傷が酷く買取不可能となってしまいましたが、iPhone5Sは満額の7000円の買取価格を提示してくれたので、その場で買い取ってもらうことを決めました。どうせソフトバンクで購入したiPhone5Sを持っていても、格安SIM会社で100%満足に使えるわけではないので、下取り価格が高値のうちに売る方が得だと判断したのです。

Appleストアで下取りに出すと、すぐに新しく購入するiPhoneSEから7000円割引いてくれます!iPhoneSEの実質価格が32800円になるんです!
古いiPhoneのバックアップや初期化のやり方がよくわからなくて不安でも、隣で丁寧に教えてもらえました。近所にAppleストアが無くオンラインでiPhoneを購入時に下取りして貰う場合は、購入機種から割り引かれるのではなく、下取り額のApple Storeギフトカードが送られてくる仕組みです。

下取りしたiPhone5Sは、2年以上ケース無しで普通に使っていたものですが、特に傷も見当たらなかったせいか、すぐに満額の下取り額の回答が!Appleストアで下取りの場合、iPhone本体だけあればいいんです。付属品も箱も持っていったのですが、本体以外は受け付けられないと言われてしまいました。付属品がなくても下取り額が下がらず、スマホ中古買取業者よりお手軽でスピーディーに対応してもらえるので、時間のないママにこそおすすめしたい方法だったりします。

ちなみに、今日現在のiPhone下取りの最大額は、iPhone5が3,500円、 iPhone5Sが7,000円です。

ソフトバンクからiijmioへの乗り換えで月のスマホ代を半額以下に節約

1年前まではソフトバンクでiPhoneを利用していましたが、月々の通信費があまりにも高く感じたので、MVNOのiijmioへ乗り換えました。ソフトバンクを利用していた頃は、私1人分のスマホ代だけで約7000円でしたが、iijmioを利用している今は、私+子+親+モバイルWiFiの4台分で約4000円です。

たくさんの格安SIM会社のプランを比較検討しましたが、我が家にはiijmioのファミリーシェアプランという月10GBを家族で分け合えるプランが一番合っていました。契約も月々の支払いもまとまっているので管理もしやすいです。しかも通話料も毎月0円なので、この1年間ずっと基本定額料しか支払っていません。


通話料が毎月無料な理由は、こちらの記事で紹介しています。

ママとお子様1人分の2台なら、ミニマムスタートプラン1600円に追加音声SIMカード料1枚分(400+700円=1100円)の合計2700円で、親子でスマホが使えるようになります。

ミニマムスタートプランのデータ使用量は月3GBです。

ソフトバンクとiijmioの2年間の料金比較

あのままソフトバンクで契約し続けていたと仮定したら、親子2台分の通信料がどうなっていたのか試算してみました。

iPhoneSE機種代金 iPhone5S下取り価格 通信料1台目月額 通信料2台目月額 2年間の通信料合計 みんな家族ご紹介キャンペーン 2年間2台分の合計価格
ソフトバンク 10,800 -12,000 11,500 2,500 336,000 -10,000 324,800
iijmio 39,800 -7,000 3,260 700 95,040 127,840

試算条件は、iPhone5Sを下取りに出してiPhoneSEを1台購入し、親子で月10GBの通信料プランでの比較です。
iijmioはファミリーシェアプラン、ソフトバンクはスマ放題ライト(1700円)+ウェブ使用量(300円)に、親回線はさらにデータシェアプラン10GB(9500円)加算した額で計算しています。

ソフトバンクでは、iPhone5Sの下取り額も高く、今なら家族1人につき10000円のキャッシュバックキャンペーン中ですが、それを加味したとしても2年間のトータルでのスマホ2台の使用料は、iijmioが196,960円も安くなる結果となりました。iPad Pro買ってもお釣りがでますよ、この価格差。

キャリアから卒業して1年、格安SIMを使ってみて一番感じたのは、「なんでもっと早く乗り換えなかったんだろう」という後悔。乗り換えも簡単でしたし、実店舗が無くても、そもそもサポートに聞かなきゃいけないようなトラブルも全く発生していません。あんなにグタグダ迷ってた時間もお金も無駄でした。

今こそスマホ使用料金を見直してみませんか。親子で使うならiijmioがイチオシです。

得する 

スポンサーリンク

この記事と一緒によく読まれています!