きむおばプロフィール画像

きむおばです。関東在住の40代の主婦です。 パート・派遣・フリーランスの3足のわらじ中。フリーランスでは、ファイナンシャルプランナーとしてライターやセミナー講師をしたり、サイト制作やプログラムを作ったりしています。
お金・子育て・趣味のこと…何でも気ままに書く雑記ブログです。
目標は、ライター・サイト制作・広告他の収入バランスを整えること。ブログ収入UPに今年は力を入れます。

Menu

建設業経理士1級とファイナンシャルプランナー2級のどちらが難しい?資格の難易度比較

ママのための資格試験対策

GoogleのSearch Console(通称サチコ)でキーワードをチェックしていると、気になるキーワードがありました。

「建設業経理士1級とファイナンシャルプランナー2級のどちらが難しい?」

そのままお悩みがキーワードになっていたので、その疑問の回答記事を書いてみようと思います。
実際に、建設業経理士1級とファイナンシャルプランナー2級のどちらも30代で合格している主婦の体験談をお話します。

建設業経理士1級とファイナンシャルプランナー2級を比較すると圧倒的に建設業経理士1級が難しい

建設業経理士1級とファイナンシャルプランナー2級の難易度を比較すると、圧っっっっっっっっっっっっ倒的に建設業経理士1級が難しいです。どちらもほぼ知識がない状態であれば。

私が合格までに必要だった勉強期間は、次のような結果でした。

  • ファイナンシャルプランナー2級:1か月
  • 建設業経理士1級:合計9か月

ファイナンシャルプランナー2級に合格するための勉強方法

  • iPhoneアプリで通勤電車内で暗記の確認
  • ECCの通信講座で学ぶ

通勤の移動時間や昼休み、料理中には、iPhoneアプリで午前の暗記問題対策を繰り返し行いました。
実際に使っていたのはこのアプリです。

全問解説付 FP2級 学科 一問一答問題集
教育, ブック無料iOSユニバーサル

家では4時起きで毎日2時間の勉強時間を確保し、ECCの通信講座のDVDを視聴し終えた後は、午後の実技対策問題を解きました。
ECCの通信講座なら、ファイナンシャルプランナー3級を飛ばしていきなり2級から受験できることが最大のメリットだったので選んだんです。

ECCの通信講座とアプリだけで、全く知識ゼロから1か月でファイナンシャルプランナー2級に合格できました。
私の過去の職業は、法人営業3年とシステムエンジニア10年です。金融や保険、不動産などお金に関する知識はほぼゼロからのスタートです。

>>ECCのファイナンシャルプランナー2級講座を詳しく見てみる

建設業経理士1級に合格するための勉強方法

  • 職業訓練校 IT経理コースで1か月簿記を学ぶ
  • iPhoneアプリで仕訳の反復練習
  • 日商簿記1級の通信講座で6か月勉強
  • 全経上級の過去問で1か月試験対策
  • 建設業経理士1級のテキストと過去問で1か月勉強

これが、私が建設業経理士1級に合格するまでに行った勉強全てです。

職業訓練校でみっちり簿記3級から2級まで毎日学校へ通って学びながら、iPhoneアプリで2級の仕訳を何度も反復練習しました。そのため、1か月後の日商簿記2級に合格しています。

日商簿記2級試験後、そのまま日商簿記1級の通信講座を申込んで引き続き勉強を続けました。毎日4時に起きて1日2時間の勉強時間を確保し、さらに通勤時間の電車でもWeb講座の動画を繰り返し視聴しました。この時通っていた勤務先が、片道1時間以上かかる場所だったので、通勤時間の往復だけでも2時間の勉強時間を確保できていたことになります。毎日かかさず4時間も勉強をしていたんですね…

私が日商簿記1級の学習に選んだ通信講座は、ネットスクールの日商簿記1級。今では、TACでも大原簿記でもWeb講座が開催されていますが、7年前にWeb講座が充実していたのはネットスクールだけ。勉強のしやすさで選びました。

>>ネットスクールの日商簿記1級講座をチェックしてみる

ネットスクールの日商簿記テキストも評判がいいので、独学におすすめです。

半年間の勉強後に受験しましたが、残念ながら不合格…原価計算でやらかしました。1科目ごとの最低点40%以上を取れなかったのです。

日商簿記1級には落ちてしまいましたが、同程度の全経上級対策で1か月のあいだ過去問を繰り返して勉強し、無事に合格できました。

全経上級の試験後に、1か月後にある建設業経理士1級の試験対策へ切り替えました。独学でテキストと過去問2回転で1発合格できています。



みっちり日商簿記1級の対策をしていたからこそ、全経上級と建設業経理士1級は9割以上の正答率での余裕の合格でした。

建設業経理士1級の出題内容は、日商簿記1級に比べて理解の難しい論点が除外されていたりするので、日商簿記2級レベルから上で紹介しているテキスト&問題集に取り掛かっても合格レベルに到達できるかもしれません。その場合は、勉強期間5か月程度での合格も可能になりそうですね。

合格率から見るファイナンシャルプランナー2級と建設業経理士1級の難易度比較

ファイナンシャルプランナー2級の合格率

試験 合格率
H29.1 39.36%
H29.5 36.07%
H29.9 44.01%
H30.1 42.16%
H30.5 39.55%

建設業経理士1級の合格率

試験 合格率
H29.3 37.1%(財務諸表)
49.4%(財務分析)
25.8%(原価計算)
H29.9 27.0%(財務諸表)
42.3%(財務分析)
27.6%(原価計算)
H30.3 26.6%(財務諸表)
26.2%(財務分析)
24.8%(原価計算)

合格率からみても、4割以上が合格するファイナンシャルプランナー2級より3教科平均合格率が3割前後で推移している建設業経理士1級のほうが難易度が高いことがわかります。

今から勉強を開始すれば、2019年9月に行われる建設業経理士1級に十分に間に合う余裕があります。建設業経理士1級を持っている社員がいるだけで入札の点数が上がるので、建設業勤務の方はぜひとも挑戦しておきたい資格ですね。

私が実際に挑戦した資格試験の合格までの期間については、こちらの記事でも触れています。

勉強の秋にママにも学びを!メジャー資格の合格最短期間〜簿記・FP他〜

ママのための資格試験対策
Twitterで最新情報をお知らせ
記事がお役に立てたらシェアお願いします♪
主婦の働き方・稼ぎ方