きむおばプロフィール画像

きむおばです。関東在住の40代の主婦です。 ファイナンシャルプランナーとしてライターをやったり、サイトを作ったり…基本ひきこもりでお仕事をしています。
お金のこと・趣味のこと…何でも気ままに書く雑記ブログです。
目標は、ライター・サイト制作・広告他の収入バランスを整えること。ブログ収入UPに今年は力を入れます。

Menu

入学・卒業・喪服…骨格診断ストレートはフォーマル服選びが難しい!失敗しないポイントは?

骨格診断ストレートのフォーマル服選びのポイント

骨格診断ストレートのお仲間のみなさーん!入園・卒園・入学・卒業・悲しみの席でのフォーマル服選びに悩んでいませんか? 最近、信頼できる方に骨格診断をしてもらったことで、今までフォーマルウェア選びが間違っていたことにやっと気づきました。ストレートならではのフォーマルウェア選びのポイントをまとめてみます。

骨格診断とは

骨格診断とは、骨格や筋肉、脂肪の付き方の特徴別に「ストレート」・「ウェーブ」・「ナチュラル」の3タイプに分け、タイプに適した服のラインや柄などを総合的に診断してもらえるサービスです。

自己診断ができるサイトや書籍も多数あり、雑誌や本で自己診断をしたこともありましたが、よほど特徴的な骨格だったり、自分を客観的に見ることのできる人じゃないと正しい診断は難しいと思います。だって、願望とか思い込みとかが邪魔しちゃうじゃないですか。私自身も、ずっと自分の骨格タイプを「ウェーブ」だと間違って認識してしまっていたんですよね。

骨格診断は、実績のある専門のサロンにお願いすることが一番です。私は、骨格診断とパーソナルカラー診断を合わせてみてもらえる自由が丘のサロン「いろぬのかさね」さんにお願いしました。超人気サロンなので、毎月初日の予約開始日は争奪戦です。

骨格診断

実は、骨格診断とパーソナルカラー診断を受けるのは初めてではないのです。5年前にママ友が資格を取って独立した際にモニター価格で受けたことがあり、その時に「ウェーブ」だと診断されました。そうです、経験と知識の浅い方だと誤診される可能性が少なからずありますし、診断結果の内容にかなりの差があります。

お尻が大きな安産型である私の体型では、ウェーブなのかストレートなのか判断が難しかったのかもしれません。それでも、ウェーブが似合うはずのノーカラージャケットやフレアスカートを着てみても、しっくりこなくてずっとモヤモヤしていたんです。

「いろぬのかさね」さんでは、骨格診断時に、「なぜ、ストレートと診断されるのか」「特徴的な自分のパーツはどこか」など詳しく自分自身の特徴や診断方法を説明してもらえるので、心から納得できる診断結果でした。

さらに、自分に似合う服やバッグのブランドまで教えてもらえて、後日レポートも送ってくれます! 通常は、レポートの発送は郵送らしいのですが、データで欲しいと希望したらPDFで送ってもらえました。おかげで、いつもiPhoneに入っているので、お買物前にチェックができています。

骨格は一生変わらないので、一度受けてみることをおすすめします。洋服・靴・バッグ・アクセサリーの買い物を時短することができますし、失敗しなくなりますよ。

骨格診断ストレートが似合うセレモニー服は少なめ

写真のような女性らしい丸首ジャケットのスーツに憧れて入園式用に購入しましたが、ストレートの私には残念ながら全く似合いません(泣)。首が太くて短めのストレートは、ノーカラージャケットは似合わないんですよね。これは長年の身をもって体感しています。

デパートでも通販でも、入園式用のママスーツは、ノーカラージャケット×フレアスカートが主流ですよね。そうなると、骨格ストレートさんは、みんながよく着ていたり、よく売られているタイプを何も考えずに買ってしまうと、似合わないデザインを買って失敗してしまうことになっちゃいます。

ストレートで背も高くぽっちゃり気味の私だと、ノーカラージャケットにふんわりシルエットのスカートを合わせるスタイルは、太って見えるし、ゴツく見えるし、ちょっと圧が強くなってしまうんです(泣。このデザインは、ウェーブさんが得意なんですよね。

ストレートタイプの場合、丸首のノーカラージャケットではなく定番のジャケットの方が似合います。オーソドックスな形が似合う体型なんですよね。ただ、入園式や入学式でベーシックなジャケットだと若干硬い印象になります。

そこで、最近流行りのノーラペルジャケット(カラーレスジャケットと表記しているブランドもあります)を試着してみたところ、まるで自分のためにデザインされたかと思うぐらい似合ってました…すみません。自画自賛したくなるほど、ノーラペルジャケットはストレート向きだと感じてます。

最初に購入したのは、この写真のような形の濃紺のジャケットとパンツスーツを選びました。濃紺を選んだのは、40代なので落ち着いた着回しのできるマルチなスーツを探していたからです。卒業式や法事などでも使えるベーシックな色とデザインを選びました。

その後、あまりにも気に入ってしまったので、2年後の下の子の入学式までには明るい色味のノーラペルジャケットが欲しいなと思っています。いろんなブランドのジャケットを試着して、究極の1枚と出会いたいと思っています。

ブラックフォーマルである喪服も、やわらかな女性らしい丸首ジャケットの方がラインナップが豊富です。特に、セシールの通販やしまむらといったプチプラブランドだと、ほとんどがウェーブさん向けだと思われるデザインのものばかり。

喪服でも基本は同じです。ストレートに似合うのは、丸首ではなくV首! そして、スカートはフレアではなくタイトなシルエットの方が品よくスマートに見せてくれます。

骨格ストレートに似合うセレモニー服まとめ

  • ストレートが似合うのは王道でトラディショナルなデザイン
  • ノーカラージャケットよりノーラペルジャケット
  • ボトムはフレアではなくタイトまたはAラインまで
  • リボン・フリルなどの装飾は無い方がいい
  • パンツスーツの場合はノータックのストレート

今回の記事では、参考写真を「フォーマル専門店 TISSE」さんからお借りしました。入学式・卒業式のフォーマルスーツから喪服まで、女性のためのフォーマル服と小物が通販できるお店です。

TISSEでは、15時までに注文すれば、最短翌日に配送してくれたり、500円で3着まで試着できたり、フォーマル服だからこそ必要なサービスが用意されています。

>>女性用フォーマル専門店「TISSE」で服をチェックしてみる

骨格診断ストレートのフォーマル服選びのポイント
Twitterで最新情報をお知らせ
みんなにシェアしてみる?
使う