きむおばプロフィール画像

きむおばです。関東在住の40代の主婦です。 パート・派遣・フリーランスの3足のわらじ中。フリーランスでは、ファイナンシャルプランナーとしてライターやセミナー講師をしたり、サイト制作やプログラムを作ったりしています。
お金・子育て・趣味のこと…何でも気ままに書く雑記ブログです。
目標は、ライター・サイト制作・広告他の収入バランスを整えること。ブログ収入UPに今年は力を入れます。

Menu
主婦の働き方・稼ぎ方 

Excelで行を挿入・削除してもすぐに復活できる連番の方法は=ROW()

Excelの活用でもっと事務処理を時短化

Excelって左枠に行数が最初から表示されているにもかかわらず、なぜか自分の作成した表に連番を振り直すことを強制されることって多々あったりしますよね(溜息)。

ムダな作業だけれど省略できない。しかも、応用が利かない。

今回は、列に連番をナンバリングする必要があるシートに、行を挿入したり削除した場合でも、すぐに再び番号を付け直してくれる裏技をご紹介します。

挿入や削除してもくずれない付番方法はROW関数を使って実現可能

Excel 現金預金出納帳 ナンバリング方法
例えば、上のような現金預金出納帳のフォーマットが存在していたとします。

原本の1列目には、番号が1から順に50まで振られているのですが、入力時に行を挿入したり削除したりすることって多々ありますよね。

その場合、ナンバリングがずれてしまうので、ちょっとした手間が増えてしまいます。

とは言っても、Excelは賢いので、1行上をオートフィルでダブルクリックすれば自動で表の最終行までナンバリングし直してくれるのですが、正しくナンバリングされているかどうか最終行までチェックするその数十秒も節約したい方向けの記事になります。

解決方法は、インデックス番号を表示するセルに「=ROW()」とROW関数の式を入力するだけです。最終行まではオートフィルでダブルクリックすれば、一瞬で設定されます。

ROW関数で現在位置の行数を返してくれるため、結果的にナンバリングが自動でできるわけです。
新しい行を挿入した場合は、Ctrl+Dキーで上のセルをささっとコピーしてしまえば完了。

Excel 現金預金出納帳 ナンバリング方法
この見本シートの場合、表が6行目からスタートしています。
「=ROW()」だと、ナンバリングが6からスタートしてしまうのを回避するには、「=ROW()-5」と、式に-5(5行減らす)のを追加すればいいだけです。

ROW関数でナンバリングしておくと、挿入した行以外は、自動でナンバーを再設定してくれるので、間違いやエラーも発生しにくくなります。

続きの記事はこちら。

Excelで行を挿入・削除してもすぐに復活できる計算式ならOFFSET関数を使おう

ちょっとした裏技ですが、毎日や毎月入力するファイルであれば、些細なストレスが解消されますよ。

Excelの活用でもっと事務処理を時短化
Twitterで最新情報をお知らせ
記事がお役に立てたらシェアお願いします♪