主婦の働き方・稼ぎ方・生き方 

Python3+Djangoで初心者がMac内に環境構築した手順

python3 Djyango 超初心者の備忘録
記事がお役に立てたらシェアお願いします♪

新しい職場では、PythonとDjangoも使っていると聞いたため、昨日から慌てて勉強を始めた超初心者です。

Mac内にPython3やDjangoなど必要なものをインストールする方法から、バーチャル環境構築の手順メモを残しておきます。(備忘録を残しておかないと、私も忘れて2度とできなそうだから)

Mac内にPython3をインストールする理由

Macには、すでにPythonがインストール済なのですが、バージョンが古くPythonのバージョンが2であるため、新しくPython3をインストールする必要があります。

なぜ、Python2がダメでPython3なのかというと、DjangoがPython3にしか対応してないから。今回の目的はDjangoを使うまでなので、Python3をインストールします。

それでも、いきなりPythonの公式サイトからPython3をダウンロードしてインストールすることは一般的にNG行為のようです。

プロジェクトごとに開発環境を分けて作る必要があるため、python3をインストールする前に必要な手順があると…

これらの手順は、全てMacの場合、ターミナルアプリで行ないます。Windowsの場合はコマンドプロンプトで。

Mac内にPython3とDjangoをインストールする方法と手順

  1. Homebrewをインストール
  2. pyenvをインストール
  3. Python3をインストール
  4. プロジェクトの仮想環境を設定
  5. Djangoをインストール
  6. Djanogプロジェクトの作成
  7. Gitをインストール
  8. プロジェクト内のsetting.pyを修正
  9. サーバー実行
  10. ブラウザーで確認

Homebrewをインストール

HomebrewはMac上で動作するパッケージマネージャーで、ソフトウェアのインストール、アンインストールをコマンドラインで行うことができ、インストール時にパッケージ間の依存関係を解決してくれる便利なツールです。

簡単!これでわかるHomebrewのすべて|REFLECT

最初に、「brew -v」とコマンドを打ち、すでにHomebrewがインストールされていないか確認します。私のようによくわからないまま、いろいろやってるといつの間にかすでに他の作業でHomebrewをインストール済なんてことも。

$ brew -v
Homebrew 2.2.4

すでに、Homebrewがインストール済だと、バージョン情報が返されます。

インストールされていない場合には、Homebrewサイトへ行きます。

>>>Homebrew

Homebrewサイトで表示されたコードをコピーして、ターミナルアプリに貼り付けて実行するだけで、Homebrewのインストールが完了します。

インストール完了までは、私の環境では数分掛かりました。途中、動きが止まるのですが、待っているとインストールが完了します。完了時の表示はこんな感じでした。

==> Installation successful!
==> Homebrew has enabled anonymous aggregate formulae and cask analytics.
Read the analytics documentation (and how to opt-out) here:
  https://docs.brew.sh/Analytics
No analytics data has been sent yet (or will be during this `install` run).

==> Homebrew is run entirely by unpaid volunteers. Please consider donating:
  https://github.com/Homebrew/brew#donations

==> Next steps:
- Run `brew help` to get started
- Further documentation: 
    https://docs.brew.sh

きちんとインストールされたかどうかは、最初の確認と同じ。「brew -v」とコマンドを打って、バージョンが帰ってくればインストールが正常にされています。

pyenvをインストール

Homebrewがインストールできたら、次はpyenvのインストールです。

pyenvは、Homebrewのbrewコマンドを使ってインストールをします。

$ brew install pyenv

Python3をインストール

pyenvからpython3をインストールします。
最初に、「pyenv install –list」とコマンドを打つと、インストール可能なものが下のように一覧表示されます(長すぎるため一部分のみ抜き出し)。

Available versions:
  3.8.0
  3.8-dev
  3.8.1
  3.8.2
  3.9.0a5
  3.9-dev

一覧から、好きなバージョンを選び、次のコマンドでPythonをインストールできます。今回は、pythonのヴァージョン3.8.2を選んでみました。

$ pyenv install 3.8.2

ただ、このままだと、元々インストールされていたpython2がデフォルトで選択されている状態なので、今回インストールしたpython3.8.2を使うように切り替えます。

$ pyenv global 3.8.2

「python –version」コマンドで、インストールされているpythonのバージョンとを確認することができます。

ここまでの詳しい手順は、こちらのREFLECTさんの記事を参考に行いました。わかりやすくて本当に助かりました。

>>>MacにPython3インストール(pyenv)|REFLECT

プロジェクトの仮想環境を設定

各プロジェクトごとに、仮想環境を分けて構築して管理しやすいようにしていきます。

今回は、ファインダーでダウンロードフォルダ内に「djangotest」フォルダを作成しました。ターミナルでdjangotestへ移動し、プロジェクトの環境を「djangotest」に指定し、仮想環境「djangotest」をアクティベートにします。

$ cd /Users/ユーザー名/Downloads/djangotest
$ python -m venv djangotest
$ source djangotest/bin/activate

Djangoをインストール

pipを使って、Djangoをインストールします。pipとは、python3パッケージ内にインストール済のパッケージ管理ツールです。

$ pip install Django==3.0.5

これで、Mac内に、python3.8.2とDjango3.0.5のインストールが完了しました。

正しくDjangoがインストールされているかどうかを確認するコマンドはこちら。

$ python -m django --version

Djangoプロジェクトの作成

仮想環境内にDjanogプロジェクトを作成していきます。
「django-admin startproject <プロジェクト名>」で必要なファイルが生成されます。

$ django-admin startproject test001

仮想環境を終了するときには、「deactivate」コマンドを使います。
再び、仮想環境を開始するときのコマンドは「source 仮想環境名/bin/activate」です。

Djangoを仮想環境にインストールする手順については、こちらの記事を参考にさせていただきました。詳しく解説されています。

>>>Djangoをpyenv+pyenv-virtualenv環境で動かすまで()
>>>【Django】Macで0から開発環境構築

Gitをインストールする

ソースコードのバージョン管理のために、Gitもインストールしておきます。
homebrewから簡単にインストール可能。

$ brew install git

プロジェクト内のsetting.pyを修正

emacsエディタでsetting.pyファイルを開き、ファイル内の「ALLOWED_HOSTS = []」に’*’を入れておきます。

$ emacs test001/setting.py
ALLOWED_HOSTS = ['*']

修正と保存が終わったら、emacsを終了しておきます。

サーバー実行

「runserver」コマンドでサーバー実行します。

$ python manage.py runserver

ブラウザーで確認

runserverで実行した時に返されたURLをブラウザーにコピペして表示してみます。下の画像のように表示されたら、Djangoが正しくインストール成功しています。お疲れ様でした。

Python3とDjangoでWebアプリ作成

Python3とDjangoインストール全行程まとめ

$ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"
$ brew install pyenv
$ pyenv install 3.8.2
$ pyenv global 3.8.2
$ cd /Users/ユーザー名/Downloads/djangotest
$ python -m venv djangotest
$ source djangotest/bin/activate
$ pip install Django==3.0.5
$ python -m django --version
$ django-admin startproject test001
$ cd test001/
$ ls
$ emacs test001/setting.py
$ python manage.py runserver
$ deactivate
$ brew install git

python3 Djyango 超初心者の備忘録
Twitterで最新情報をお知らせ
記事がお役に立てたらシェアお願いします♪

読者登録お待ちしてます

今さらながらブログ村に参加しました。アラフィフ・40代・派遣社員・主婦・シンプルライフなど趣味の近い方と繋がりたいのが目的です。

読者登録しておくと、同じジャンルのブログの新規投稿を見逃さずに読めます。


きむおばブログ - にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へにほんブログ村 就職バイトブログ 派遣社員へ