きむおばプロフィール画像

きむおばです。関東在住の40代の主婦です。 ファイナンシャルプランナーとしてライターをやったり、サイトを作ったり…基本ひきこもりでお仕事をしています。
お金のこと・趣味のこと…何でも気ままに書く雑記ブログです。
目標は、ライター・サイト制作・広告他の収入バランスを整えること。ブログ収入UPに今年は力を入れます。

Menu

確定申告で経費65万円以下のブロガー必見!「家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例」

ブロガーやアフィリエイターも使える家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例で少ない経費を65万に増やそう

確定申告の受付が開始されましたね。「まだ売上が少ないから経費も少なくて困ってる」というブロガーさんやアフィリエイターさんが多いのではないでしょうか。「家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例」を知っていますか?お金を実際に使っていなくても、経費を65万円に計上できるお得な制度なんですよ。

フリーランスの税金の計算のおさらい

通常のブロガーやアフィリエイターの方の所得税の計算では、売上(広告収入)から経費を引いた利益の額に対して税金が発生します。
税金の計算方法は売上-経費=利益

例えば、アドセンスとアフィリエイトの売上が合計で200万だったとします。売り上げから経費を引き、利益を算出していきます。ブロガーさんの経費といえば、次のようなものが代表的ですね。

  • レンタルサーバー代
  • ドメイン代
  • プロバイダー代
  • 電話代
  • 有料テーマ代
  • 写真やイラストの代金
  • 外注ライターさんへの支払い
  • 取材時の交通費など
  • 仕事で必要なセミナーの参加費
  • 書籍代
  • 各種クラウドサービス代(office365,iCloud…)
  • PCや周辺機器代

とはいえ、ブログを始めたばかりで急に利益が増えた場合、掛かった経費が少なかったりしますよね。レシートをかき集めてみたけれど、経費は20万円分しかなかったとしましょう。

そうすると、200万(売上)-20万(経費)=180万円(利益)となり、180万円の利益に対して所得税と住民税、そして扶養の範囲外なので国民健康保険料と国民年金まで発生するのです。残念なことに、所得180万円だと一番苦しい収入ゾーンにはまってしまいます。

家族構成など所得控除の条件で誤差はありますが、東京都世田谷区在住35歳主婦A子さん、扶養する子ども無し(夫の扶養なので)、医療費や生命保険料控除もなし、iDeCo未加入というモデルケースで計算した結果は次のようになりました。

売上 2,000,000円
経費 200,000円
所得 1,800,000円
所得税 53,900円
住民税 113,000円
国民健康保険 166,120円
国民年金 197,880円
控除額合計 530,900円
手取り額 1,269,100円

200万円の売上があったのに、税金と保険料が引かれて手取額は1,269,100円となりました。

「こんなに収益が発生しなければ…」
「去年のうちに新しいパソコンを買えばよかった」
「参加したかったセミナー代ケチらなきゃよかった」
「もっと早いレンタルサーバーへ乗り換えればよかった」

なんて、後悔したくなる計算結果ですよね。

「たくさん儲かった人は多めに税金も国民健康保険も納めてね!」というルールなので、このようになるのです。

けれど、言い換えれば、利益の額が少なくなればなるほど、支払う税金も保険料も減らすことができるということ。
利益が少なければ税金も少なくなる

だから、多くの個人事業主が「経費」をたくさん使いたがるわけです。「どうせ税金で取られるなら、お客さん接待した方が将来の仕事にも繋がるし」と。

ただ、在宅ワークでブログやアフィリエイトで収入を得ているママは、がんばってもそんなに経費がかからないこともしばしば。経費が少なすぎて困っているママブロガーがチェックしておきたいのが、「家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例」なのです。

家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例とは?

「家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例」とは、①決まった取引先と②継続的に仕事をしている③家内労働者などに対する税金の特例措置です。

この特例を利用すると、経費が65万円以下だったとしても、65万円分計上できるのです。

家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例の適用条件

  1. 特定の人に継続的に業務を行っていること
  2. 給与所得が65万以下

家内労働者には、ブロガー・アフィリエイター・ライター・Webデザイナーといった在宅ワーカーも含まれます。しかし、取引先が決まっていることという条件があるので、不特定多数と仕事をしているライターさんやデザイナーさんは適用外となります。お客様が決まっていないハンドメイド販売作家さんも残念ながら適用外。

ブロガーやアフィリエイターは、取引先がGoogle・Amazon・楽天・A8などのASPと決まっているので、この特例が適用されます。

もし、東京都世田谷区在住35歳主婦A子さんが「家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例」を適用したら、発生する税金などの計算結果は次のように変わってきます。

売上 2,000,000円
経費 650,000円
所得 1,350,000円
所得税 32,800円
住民税 71,500円
国民健康保険 128,090円
国民年金 197,880円
控除額合計 430,270円
手取り額 1,369,730円

特例を利用することで、所得税・住民税・国民健康保険料を少なくすることができました。節税額は62,600円にもなります。

今、まさに確定申告中で、「経費が少なすぎてどうしよう…」と嘆いている方は、チェックしてみてはどうでしょうか。

家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例を利用する方法

家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例を利用する方法はとっても簡単です。確定申告書に「家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例の適用を受ける場合の必要経費の額の計算書」を同封するだけでOK。

家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例の適用を受ける場合の必要経費の額の計算書を表示する

すでに青色申告承認申請書を提出済なら、青色申告特別控除の65万円と合わせて合計130万円まで税金の計算から引くことができますよ。130万円引けると、かなり税金の額が少なくできるのではないでしょうか。

iDeCoを利用するとさらに節税効果UP!

さらに節税するには、iDeCo利用を検討してみましょう。

急いで!主婦でもiDeCo加入で所得税と住民税を安くしよう

もし、東京都世田谷区在住35歳主婦A子さんが「家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例」と青色申告特別控除を併用し、さらにiDeCoに加入して月1万積み立てると、発生する税金などをここまで削減できます。

売上 2,000,000円
経費+青色申告特別控除 1,300,000円
所得 700,000円
所得税 0円
住民税 5,000円
国民健康保険 64,790円
国民年金 197,880円
控除額合計 267,670円
手取り額 1,532,330円

なんと、A子さんの所得税は0円になりました。節税成功!

今はまだ必要ではない経費を無理矢理作り出す必要もなくなるので、①家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例②青色申告特別控除③iDeCo加入の3点を確認してみてください。

ブロガーやアフィリエイターも使える家内労働者等の事業所得等の所得計算の特例で少ない経費を65万に増やそう
Twitterで最新情報をお知らせ
みんなにシェアしてみる?
得する 

この記事と一緒によく読まれています!