きむおばプロフィール画像

きむおばです。関東在住の40代の主婦です。 ファイナンシャルプランナーとしてライターをやったり、サイトを作ったり…基本ひきこもりでお仕事をしています。
お金のこと・趣味のこと…何でも気ままに書く雑記ブログです。
目標は、ライター・サイト制作・広告他の収入バランスを整えること。ブログ収入UPに今年は力を入れます。

Menu

40代主婦が家計見直しで美容費月平均額を6000円以上節約した方法

2017年の年間美容費の家計簿を洗い出してみたところ、月の平均美容費は16,482円という結果でした。その後、もう少し美容代を削れないか節約ポイントを探している最中ですが、今年の美容代見込み額がまとまってきたので公開していきますね。

40代主婦の増加する美容費の節約は家計簿での現状把握から

ワタノユキさんのブログで公開されていた40代のリアルな美容費記事に影響されて、自分の年間美容代を計算してみました。

家計簿から美容に関わる金額を抽出していき、去年2017年の美容代平均額は、月16,482円という結果になりました。

40代主婦の美容費の月平均額は?しっかり算出して家計を見直そう

さらに部門別に見てみると、私はスキンケア代が予算を高くしてしまっているという現状を改めて知ることができたのです。スキンケア代を押し上げているのは、20代の頃から愛用しているSKⅡの基礎化粧品です。わかってます。わかってますとも…。

スキンケア代の削減計画~SK2依存からの脱出~

20代からもう20年もお世話になっているSK2の基礎化粧品達。ニキビや吹き出物といったトラブルもなく、肌のくすみもなく、いつも肌が安定していてくれる、私にとってのお守りの様な存在です。

ただ唯一不満な点が、SK2は高いこと…。お値段以上の恩恵を受けてきましたが、おかげ様でもう何年も大きな肌の揺らぎもなくいつもベストコンディションな状態です。ここで、一度SK2の代わりとなってくれる代替えアイテムを試してみることにしたのです。

シャネルのホワイトニングケア「ルブラン」シリーズにふき取り化粧水もあるということを知り、3か月前からSK2クリアローションから切替えてみました。

SK2クリアローションよりシャネルのルブランプレローションの方が、角質を除去する力が強いようで、1日に1回しか拭き取り化粧水を使ってはいけないことになっています。そのため、SK2を使っていた頃より、拭き取り化粧水による角質ケア代を半分程度に抑えることができるようになりました。1日の使用量が半分なので、そのままコスメ代を半分へ節約できたわけです。

肌の調子はSK2を使っていた頃のまま、余分な角質で肌が硬くなったりゴワゴワしたりせず、すっきりとした角質の状態を維持できています。

さらに、化粧水もシャネルのルブランローションに変えてみました。こちらも、SK2の化粧水よりとろみがあって美容液のような使用感なので、1回あたりの使用量を半分程度にできています。SK2ローションをあまりちびちびと使うと、発酵が進んでピテラ臭が強くなるのが気になっていましたが、シャネルの化粧品は香りも気になりません。特にルブランシリーズは、ほのかな香りがするぐらいで強い香りが苦手な私でも使いやすくて気に入っています。

それでも、ピテラの効果が高いことは自分の肌で実証済みなので、SK2の基礎化粧品の中でコスパが良いと思っている乳液だけを残しました。シャネルのふき取り化粧水+化粧水+SK2乳液の3点が現在の基礎化粧品の基本です。ホワイトニングケアシリーズにしたことで、気になっていたシミへの美白効果も美容液なしでも実感できています。

さらに、ファンデーションを辞めたので、クレンジングも無くしました。普段の軽いメイクは洗顔フォームで十分落とせます。

ノーファンデとSK2依存の卒業で、スキンケア代を年間約8万円も節約できました!

スキンケア代を年139,732円から60,024円へ79,708円削減

メイク代は26,055円 22,170円

商品名 金額 購入回数
ファンデーション シャネル CCクリーム 6,300円 1回
フェイスパウダー シャネル プードゥル ユニヴェルセル リーブル 6,480円 0.5回
アイシャドウ シャネル レベージュパレットルガール 7,500円 0.5回
マスカラ デジャヴュ ファイバーウィッグウルトラロングF1 ピュアブラック 1,295円 3
リップ シャネル ルージュココリップブラッシュ 3,900円 2回
チーク シャネル パレットエサンシエル 7,000円 0.5回
ネイル HOMEI ウィークリージェル WG-0 1,080円 1回

メイク代は、少し上がってしまいました。シャネルの良さを再認識して、メイクがほぼシャネル一色になってます(笑。ただ、無駄にアイシャドウ・チーク・口紅のコレクションはしません。使い切ったら次を購入するという方針なので、シャネルを愛用している割にはコスメ代が抑えられているんじゃないかと…

セルフネイルなので、好きな時に15分もあれば完成できて、安上がりです。

HOMEIウイークリージェルは主婦でも使えるかレポート

—–2018/8/27追記—–
マスカラを着けるのを思い切って辞めました。ぼんやりとしたよく言うと人のよさそうな顔、悪く言うと眼力ゼロのたぬき顔の私なので、マスカラはずっと必須アイテムでした。小さくつぶらな瞳だったとしても、ちょっとだけ目がぱっちりするような気がしていたから。

ただ、それはかなり自己満足の部分が多かったようです。友達に意見を聞いてみたのですが、「マスカラをしている時としていない時にさほど違いはない」と!

なんということでしょう…コンタクト+マスカラで目がしょぼしょぼして辛い思いをしていたのに。

長時間マスカラメイクをしている時は、偏頭痛が起きて辛かったのに。

意味が無くしんどいばかりだったので、マスカラ辞めました。
———-

ヘアケア代は22,512円

商品名 金額 購入回数
美容院 カット+トリートメント 3,500円 2回
シャンプー エッセンシャル スマートスタイル シャンプ 348円 6回
コンディショナー パンテーンクリニケア 髪のうねり・くせ用 コンディショナー 1,300円 3回
白髪用カラートリートメント 白髪用カラートリートメント【キラリ】 9,330円(3本セット) 1回
ヘアアイロン用セット剤(ストレート用) ラックス ストレート メモリーセラム 936円 1回
ヘアアイロン用セット剤(カール用) モッズ・ヘア ホットグラマー 泡ウォーター 480円 1回
艶出しスプレー アリミノ スパイスシャワーシャイニング 866円 1回

ヘアケア代は、昨年からかなり節約をがんばっています。カラーリングを辞めて、黒髪ストレートロングにしていると、美容院は年2回で済んでいます。

円形脱毛症回復時の悩み「白髪」にカラートリートメントKIRARIを使ってみました

もうすぐ腰までの超ロングヘアになるので、次の美容院でヘアドネーションをする予定です。ヘアドネーションとは、病気などでウィッグを必要としている子ども達へ髪の毛を寄付できる仕組みです。31cm以上の長さがあれば、寄付することができます。白髪が混じっていても、染めた髪でも大丈夫です。

ヘアスタイルにあまり思い入れやこだわりがないので、2年おきにバッサリカットしてヘアドネーションをし、その後はまたひたすら伸ばし続けるということを繰り返しています。

>>ヘアドネーションとは

さらに、節約のために、シャンプーとリンスを安いものへチェンジしてみました。以前使っていたアミノメイソンよりは髪がパサついてしまいますが、シャンプー代が3分の1に抑えられるのでしばらく続けてみます。いいシャンプー使いたいけど、家計が苦しいから、影響が少ない部分は妥協してみます。

ボディケア代は4,140円

商品名 金額 購入回数
ハンドクリーム アトリックス ビューティーチャージ ピーチティー 80g 400円 3回
かかとの角質ケア ベビーフット イージーパック SPT60分タイプ Mサイズ 35ml×2 1,470円 2回

ボディケア代は、変わらずです。

サプリメント代は加齢黄斑変性症対策のルテイン補給に12,960円

商品名 金額 購入回数
目の老化対策 UHAグミサプリ ルテイン 1,080円 12回

職業病なのか大人になってから、どんどん視力が落ちています。少しでもケアするために目のサプリだけ使っています。サプリメント全般に対して懐疑的なのですが、ルテインだけは、将来の失明リスクを少しでも下げたくて摂取しようと思い続けています。

ルテインサプリを摂っていると、夕方の目のかすみや疲れが多少和らぐような気がしています。家族全員が同様な意見なので、一定の効果はあるのではないかと思っています。粒の大きなサプリを飲むのが苦痛なので、グミで手軽にルテインが摂取できるUHAグミサプリを愛飲中です。これ、めちゃくちゃ味が美味しいんですよ!毎朝の楽しみになっています。

リラクゼーション代は0円

整体・マッサージ・鍼灸などリラクサロンには一切お世話になっていないので、0円です。

美容費代合計額は125,961円で月平均10,474円

年間合計額 月平均額
スキンケア 60,024円 5,002円
メイク 22,170円 2,171円
ヘアケア 22,512円 1,847円
ボディケア 4,140円 345円
サプリメント 12,960円 1,080円
リラクゼーション 0円 0円
合計 122,076円 10,173円

1か月の美容費を月平均16,482円から10,173円へ6,309円節約することができました。2018年の美容費予算はこの計画で進めていきます。基礎化粧品とシャンプーは毎日のように消費するものなので、ここを節約できると効果が高くなりますね。また、コスパのよい製品を見つけたらレポします。

Twitterで最新情報をお知らせ
みんなにシェアしてみる?
使う