きむおばプロフィール画像

きむおばです。関東在住の40代の主婦です。 ファイナンシャルプランナーとしてライターをやったり、サイトを作ったり…基本ひきこもりでお仕事をしています。
お金のこと・趣味のこと…何でも気ままに書く雑記ブログです。
目標は、ライター・サイト制作・広告他の収入バランスを整えること。ブログ収入UPに今年は力を入れます。

Menu

Siroca(シロカ)の電気圧力鍋ならサラダチキンが5分で完成!簡単レシピ公開

電気圧力鍋でサラダチキンを作る方法

家族みんなが大好きなサラダチキン。コンビニやスーパーでも売っていますが、大きさが小さすぎるしちょっとお高めですよね。

大量に消費する我が家では、コストコのさくらどりとSirocaの電子圧力鍋を使って短時間で簡単で、しかも安くサラダチキンを作っています。その簡単レシピをご紹介しますね。

Siroca(シロカ)の電気圧力鍋とは

siroca 電気圧力鍋 SP-D131 ホワイト[圧力/無水/蒸し/炊飯/スロー調理/温め直し/コンパクト]

Sirocaの電気圧力鍋とは、圧力鍋の機能がスイッチで簡単に操作できる優れものなのです!ガス用の圧力鍋だと難しかった火加減のコントロールも電気で勝手にやってくれるので、料理ベタな夫でも子供達でも使いこなしてくれています。

大きさは一般的な炊飯器より一回り小さいぐらいなので、我が家では古くなった炊飯器の代わりに置くようになりました。もちろん、白米だけでなく玄米も炊飯できるので、炊飯ジャーがよりパワーアップしてくれた状態です。

圧力鍋なので、ゆで卵は加圧時間がわずか30秒で完成するし、煮卵でも1分半の加圧時間で作れちゃいます。あまりにも簡単で時短レシピなので、ラーメンのトッピングに煮卵が登場する割合が急増したほど(笑。

siroca(シロカ)の電気圧力鍋なら煮玉子が1分半で完成!ラーメンやカレーのトッピングに

今まで5時間以上煮込んでいた豚の角煮もSirocaを使えば、たったの15分加圧でほろほろでトロトロに出来上がります。時短調理効果半端ない!

siroca(シロカ)の電気圧力鍋が神アイテム過ぎ!豚の角煮は15分で完成


豚の角煮や牛タンシチューといったじっくりコトコト煮込み料理が大好きな人なら、キッチンでの立ちっぱなし時間が大幅に削減できちゃいますよ。

冷蔵庫は20年、電子レンジも10年使い続けていて、調理用電化製品をなかなか購入してこなかったのですが、シロカの電子圧力鍋は生活を画期的に変えてくれました。それは、食洗機を始めて買った時ぐらいのインパクト。

共働き家庭の救世主!シロカの電子圧力鍋を買ってよかったこと

Sirocaでサラダチキンを作る手順

  1. 胸肉にフォークで穴を開ける
  2. 調味液に漬け込む
  3. 電子圧力鍋へ調味液ごと入れる
  4. 加圧時間5分で完成!

胸肉にフォークで穴を開ける


鶏ムネ肉の表と裏を全体的にフォークや金串でブスブスと穴を開けていきます。ストレス解消にもなりますよ~。

コストコのさくらどりなら、4分割の1袋ずつ調理できます。

調味液に漬け込む

電気圧力鍋でサラダチキンを作る方法

穴を開けた鶏むね肉と調味液をジップロックに入れたら、外から揉みこんでおきます。あとは、明日まで冷蔵庫で保存しておくだけ。

サラダチキンの調味液

  • 酒 大さじ3
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩 適量
  • 胡椒 適量
  • しょうがの卸汁 適量
  • レモン汁 少量
  • 水 大さじ2

電子圧力鍋へ調味液ごと入れる

Sirocaでサラダチキンが6分で完成するレシピ
ジップロックに入れて漬け込んでいた鶏むね肉を、調味液ごと丸ごと電子圧力鍋へ投入しちゃいます。

加圧時間5分で完成!

Sirocaならサラダチキンが6分で完成
Sirocaの電子圧力鍋なら、鶏むね肉2切れ(コストコのさくらどりなら1袋分)が加圧時間5分で完成します。

赤の圧力ピンが下がったら、すぐに圧力鍋から取り出して冷ますようにしています。野田琺瑯に調味液ごと入れておけば、冷蔵庫で3日間保存が可能です。いつでも美味しいサラダチキンを食べることができますよ。

3日間保存する為には、なるべく素手で肉を触らないように気を付けておきましょう。フォークやトングを上手に活用すると菌の繁殖リスクを下げることができます。

結婚18年の主婦が選ぶ 買ってよかった 鉄板キッチン用品

下味が付いているので、そのままでも十分美味しいのですが、バンバンジー風にごまだれをかけても絶品です。
電気圧力鍋でサラダチキンを作る方法

サラダチキンをパサパサにしないでジューシーに仕上げるコツ

自分で調理したサラダチキンを一口食べた瞬間、そのパサつき具合にがっかりした経験はありませんか?

鶏むね肉は、ヘルシーで安くて家計に助かる半面、油分が少ないので調理時間を1分多く掛け過ぎるだけですぐにパッサパサになってしまいがち。

電子圧力鍋を購入するまでは、ガスの鍋で煮てみたり、沸騰したお湯に漬け込んだりと試行錯誤を繰り返してきましたが、なかなか再現できず…

それでも、サラダチキンをジューシーに仕上げる大きなポイントは3つ。

  • フォークで胸肉に穴をあけておく
  • 調味液に一晩以上漬け込む
  • 熱しすぎに注意する

フォークや金串で鶏むね肉の全体的にブスブズと穴を開けておきます。そうすることで、調味液がじっくりと中まで染み込んでジューシーさに繋がるのです。

調味液に漬け込む時間は、長めの方が成功率が高くなります。サラダチキンを食べたい前日の夕食調理時に下ごしらえをしておいて、24時間しっかり漬け込んでいます。

むね肉を熱しすぎると途端にパサパサしてしまいます。調理時間をしっかり守ることが大切です。ガスコンロで鍋調理の場合は、煮ると過熱しすぎになってしまうので、沸騰したら火を止めてそのまま放置した方が、ジューシーなサラダチキンになりますよ。放置時間は、お湯と鶏肉の量、そして使っている鍋の性能によって変わってきてしまうので、自分の鍋でのベストタイムを調べてみてくださいね。

自作サラダチキンなら節約できて好きな時に食べれる

コストコのさくらどりむね肉なら、2.4㎏で1188円前後。まとめ買いしておけば、家にある調味料でいつでも好きな時に大量にサラダチキンを食べることができます。筋肉クラスタの方々にもおすすめ。

スーパーやコンビニで売っているサラダチキンの倍の大きさなのに、自作ならもっと安いコストで調理することができます。電子圧力鍋を活用すれば、簡単で失敗知らずなので、試してみては。

電気圧力鍋でサラダチキンを作る方法
Twitterで最新情報をお知らせ
みんなにシェアしてみる?
使う