きむおばです。関東在住の40代の主婦です。 ファイナンシャルプランナーとしてライターをやったり、サイトを作ったり…基本ひきこもりでお仕事をしています。
お金のこと・趣味のこと…何でも気ままに書く雑記ブログです。
目標は、ライター・サイト制作・広告他の収入バランスを整えること。ブログ収入UPに今年は力を入れます。

Menu

両親にiPadを通信費付でプレゼント!月400円で毎日孫の顔を見せられますよ

先月、だんなの両親にiPadをSIMカード付きでプレゼントしたらとっても喜んでもらえました。たった月400円でいつでも孫とTV通話もメールも写真共有もできるようになった格安ワンコイン親孝行の方法をご紹介します。

アナログ人間の両親は、すぐ使える状態でタブレットをプレゼントしないと使ってもらえない

だんなの実家の両親は、未だにガラケーを愛用中で、家にはパソコンもタブレットもないアナログ生活です。孫の顔を頻繁に見せてあげられればいいのですが、子どもたちも成長して忙しくなってきてなかなか帰省もできません。

ずっとスマホをオススメしてたのですが、難易度高くて踏み込めないらしいので、家に余り気味だったiPad miniに使えそうなアプリをインストールして、AppleIDも取得して、バックアップその他必要な設定も全て済ませた状態でプレゼントすることにしたのです。

iijmioのファミリーシェアプランを使ってiPadをプレゼントする方法

  1. 最初に準備しておくもの
  2. データ専用SIMカードを追加する方法
  3. おすすめのモバイルWi-Fiルーター
  4. モバイルルーターとiPadの初期設定

最初に準備しておくもの

必要なものは、この3つです。

  • iPadなどのタブレット
  • iijmioファミリーシェアプラン
  • モバイルWi-Fi

タブレットは、家にあまっているものでもいいですし、無ければKindle Fire7 タブレットでもいいですね。アマゾンプライム会員なら4000円オフで購入できるので、予算5000円以下です。

通信用にデータ専用SIMカードが必要なので、今回はiijmioのファミリーシェアプランに400円でデータ専用SIMカードを追加しました。iijmio未加入で実家のみ対応するのであれば、月900円でデータ量は3GBのミニマムスタートプランも用意されています。

iijmioにお得に加入するには、アマゾンでIIJmio SIMカード ウェルカムパックを購入すると、3000円の新規加入手数料が節約できます。

データ専用SIMカードを追加する方法

当然、アナログ生活の両親の家には、光ファイバーもWi-Fiも通信環境はなんにもありません。そこで、私が契約しているiijmioファミリーシェアプランに、データ専用SIMカードを1枚追加して実家用に使ってもらうことにしました。iijmioでは、データ専用SIMカードの追加が、月わずか400円で利用できます。

ファミリーシェアプランでは、月に10GBの通信量がもらえるのですが、私と子どものスマホ2台と仕事用のモバイルWi-Fiでは、多くても7GBほどしか使っていなかったので、まずはこのプランに追加で対応することに決めたのです。

追加手続きの手順は、iijmioの会員専用ページへログイン後、「サービスの各種変更・利用状況照会」欄の「SIMカードの追加」メニューを選びます。

あとは、必要なSIMカードのタイプとサイズを選んでいくだけです。

タイプ

タイプD(docomo)かタイプA(au)のどちらかを選びます。持っている機器がSIMフリーであれば、どちらを選んでもよいのですが、docomoで購入してロックがかかっているならタイプD、auであればタイプAを選びます。

サイズ

nanoSIM・microSIMからサイズを選ぶのですが、一番小さなnanoSIMを選んでおくと、新しい機器に買い換えてもずっと使えるのでおすすめです。nanoSIMからmicroSIMへ変換できるアダプターを使えば、microSIM対応機器でも使用できますよ。

通常は、SIMカードの追加手数料2000円が必要ですが、2017/10/2までは期間限定で無料キャンペーン中なので、このチャンスを有効活用してください!

おすすめのモバイルWi-Fiルーター

プレゼントしたiPad miniはWifiバージョンだったので、モバイルwifiルーターも合わせて購入。自分でも愛用しているNECモバイルルーター Aterm MR05LNを選びました。もちろん、SIMカードを刺し、初期設定をしっかり終えてから。

モバイルルーターとiPadの初期設定

初期設定の方法は、モバイルルーター Aterm MR05LNのホーム画面から「設定」 → 「APN設定」 → 「SIM1」 → 「新規追加」 で、一覧から「iijmio」を選ぶだけです。iijmioサイトにも、機器別の設定方法が解説されています。

後は、iPadからも、「設定」 → 「Wi-Fi」 から表示される一覧から「aterm-…」を選び、パスワードを入力すると通信できるようになります。

これで、実家の祖父母と孫がいつでも好きな時にTV通話できるようになりました

これで、家でも実家もみんなApple製品しばりなので、話したい時はFaceTime、メールはメッセージ、写真共有はiCloud写真共有で、簡単にやり取りができるようになりました。
今までは電話だったので、電話代が気になって長時間は話せませんでしたし、顔を見せることもできませんでした。今は、孫の顔をいつでも見せて話すことができますし、孫の写真を毎日送ることだってできます。

iPadにはアプリを入れ過ぎず、シニア世代が喜んで使ってくれそうなアプリのみインストールしておきました。ネットショッピングができるように楽天とアマゾン、Googleマップ、Yahoo乗換案内、病院予約にアイチケットなどをインストールしています。タブレットに慣れてきたら、もっとニーズを聞いてアプリを追加しようと思います。

とりあえず、もっと気軽に連絡が取りやすいように月400円の出費で実家にタブレットを導入してみました。現在、闘病中で外出や旅行もなかなかできない2人なので、これから動画配信も楽しめるようにしてあげたいなと思ってます。

でも、最初から詰め込みすぎると拒絶反応起こされちゃうので、焦らず、少しずつ。

格安SIMのiijmioを利用して、自分と子どものスマホ代を大幅節約した方法は次の記事でまとめてます。



0SIMという無料で使えるSIMで、子どものスマホ代を無料化する方法も紹介しています。

月たった400円でできる親孝行いかがですか?

得する 

この記事と一緒によく読まれています!